Toy Factory

2015/11/16 カテゴリ:藤井です。

なかなかご紹介できないオーストラリアの陸運局にて

2011年、トイファクトリはオーストラリアで行われる
ワールドソーラーチャレンジにチームサポーターとして参戦しました

ケアンズからアデレードまでの3000キロを横断するこのレースは
スタンフォード大学やケンブリッジ大学など世界中の強豪達が集まります。私たちがサポートするチーム沖縄は高校生が製作したソーラーカーを操る、世界最年少チームでの参加です


 

帰国した当時は、ソーラーパネルの開発やデーター取りに忙しく、
テレビメディアや新聞、雑誌には紹介されたものの、レース以外の出来事はほとんどご覧いただく事がなかった為、改めてとなりますが
少しずつご紹介させて頂きます

本日は車両登録編です

今回レースが開催されるオーストラリアを走行するには

日本ではJAFが発行する カルネ(現地で使用するナンバー)を取得した上、現地ではその国のルールに基にした車両検査を行う必要があります。

早速陸運局へ進みます


 
 
ここはダーウィンの陸運局、バーデンの後姿がカッコ良いです

 

支局内では書類提出を済ませ

 
 
車両検査ラインに入ります、ほとんど日本と変わらないため
大丈夫な事は解っていますが、かなり緊張しました

トイファクトリー 

私は並走するトラックを検査ラインに入れ、ブレーキテストを受けます

 

車体型式番号、エンジン型式、軸重検査、カテゴリーにあっているのか細かく質問が入ります

 

無事検査をクリアした後は現地のトヨタディーラーへスペアパーツの補給に入ります。今回は道中で砂漠地帯を走る為、エアフィルターなどを購入します

 

ガソリンスタンドで給油を済ませ、大陸横断の準備は完了
今から始まるレースに胸が弾みます

これからのレースのナビゲーションは

心強い、千葉店長と多国語を操る

CARMINさんがいるから大丈夫



おっと、失礼

CARMINさんをのご紹介を忘れていました


〇出生国 不明 
〇年齢  不明

世界中を案内することを得意としており、5か国語を話す
心強い、相棒です。


男性 女性

想像にお任せします






それではCARMINさんのご紹介です



ジャジャ?ん



 
 
 オーストラリア国内を流暢な日本語で案内する

CARMINさんでした



ポチッと



Category

Archive