Toy Factory

2019/06/15カテゴリ:東北スタッフ 千葉

初夏の東北!!絶景ハント!!

最近こんな本をよく眺めています。
TFT20190615 (4) (1280x960).jpg
東北店の商談テーブルに置かれた3冊。
決して広いとは言えない日本の国土ですがまだまだ知らない景色が沢山あります。
そんな景色を知ることができる書籍です。
気になるのはやっぱり東北。
住んでるところの景勝地って意外と見逃しがちです。
気になった所をピックアップして早速出かけます!!



TFT20190615 (1).png
今回は北東北周辺に決めました!!
月曜早朝宮城を出発!!
東北道を北上します。


TFT20190615 (5) (1280x853).jpg
まず向かったのは青森県。
奥入瀬渓流です。
先述の書籍にも掲載されています。
奥入瀬渓流沿いの102号線を十和田湖方面に向かって走ります。
眩しい新緑が気持ち良いです。
思わず深呼吸したくなる気持ちのいい天気です。
トレッキングコースも豊富で、沢山の方が新緑+清流を楽しんでました。
ミニベロ持って行ってポタリングも最高ですね!!
周辺にはレンタルサイクルも有ります。



TFT20190615 (1280x960).jpg
雲井の滝
落差20mの滝はなかなか迫力が有ります。




TFT20190615 (2) (1280x960).jpg
銚子大滝
落差7m、幅20m奥入瀬渓流では一番の水量を誇る滝です。
マイナスイオン凄いです。
この滝は魚の遡上を阻むため魚止の滝とも呼ばれています。





TFT20190615 (7) (1280x853).jpg
奥入瀬渓流を抜ければもう十和田湖です。
青森・秋田に跨るカルデラ湖です。
晴れて良かった~。



TFT20190615 (6) (1280x853).jpg
子ノ口港には遊覧船が発着します。
港のには魚が沢山… つ、釣りしたい。




TFT20190615 (8) (1280x853).jpg
古びた展望台。
ここからの眺めが2枚上の写真です。
湖畔に沿う道路はまさに快走路。
一周半走りました。
ここから弘前へ向かい、1日目終了です。
弘前で1泊し、南下します。




TFT20190615 (9) (1280x853).jpg
2日目は岩手県、八幡平アスピーテラインを登っていきます。
道路のわきにも雪が残っています。
冬期閉鎖期間終了直後の4月下旬~5月上旬には雪の回廊の中を走ることが出来ます。



TFT20190615 (3) (1280x960).jpg
見返峠
アスピーテライン最高所で標高1,613mです。
秋田・岩手の県境になります。




TFT20190615 (12) (1280x855).jpg
見返峠駐車場からの眺め
遠くに見える山はなんという山でしょうか???
まだまだ勉強が足りません…




TFT20190615 (10) (1280x853).jpg
トレッキングコースには沢山の残雪!!
アイゼン持ってこなかったけど何とか行けました。
雪を踏みしめて向かった先は…




TFT20190615 (13) (1280x853).jpg
鏡沼
通称「ドラゴンアイ」と呼ばれる人気の景勝地です。
見れるのは2週間ほどでこの時期限定の景色です。
こちらも先述の書籍に掲載されています。
大がかりな機材のカメラが載った三脚が何脚も並んでいました。
最近はドローンを飛ばす方も多いとのこと。
※管理の方曰く明確なルールは無いようですが国定公園の為、申請が必要とのことです。
とても神秘的で美しい景色でしたが誰かが立ち入った足跡が残念でした…。

帰りは八幡平樹海ライン~岩手山パノラマラインを走ります。
車でもオートバイでも気持ちの良い快走路です。
自転車の方も沢山すれ違いました。


TFT20190615 (11) (1280x853).jpg
盛岡まで戻ってきました。
この日の盛岡は30℃。
冷却ファンも勢いよく回ります。
すっかり夏です。
名物の冷麺を食べて帰路に付きました。

こうして初夏の東北旅から無事帰宅しました。
どの景勝地にも言えることですが、春夏秋冬それぞれの良さがあります。
夏と冬では全く違った景色が見れます。
日本の四季ってホント素晴らしい!!
次は秋の紅葉の季節に同じルートをたどってみようと思います。

まだ見ぬ日本の絶景を求めて、次はどこ行こう…?





絶景巡りの途中に寄るのも楽しい!!
toynomori_banner.jpg


奥入瀬渓流はこれを持っていきたい
toybike_banner_s.jpg



日本の絶景アップしましょう!!
toy_insta_banner_s.jpg



Category

Archive